カルシウムの量足りてますか?|足りない栄養素はサプリメントに頼る

中年の女性

様々な栄養が詰まった一粒

ゴマ

あらゆる料理に合わせることができるゴマですが、栄養が豊富な食品としても有名です。ゴマの小さな一粒には、健康身体を維持するための栄養がたくさん詰まっているのです。ゴマに多く含まれている栄養としては、まずカルシウムが挙げられます。意外なことに、牛乳の10倍以上ものカルシウムが含まれているのです。ゴマのカルシウムは、そのほとんどが皮に含まれています。また、不飽和脂肪酸であるリノール酸も多く含まれています。不飽和脂肪酸は脂を溶かす油とも呼ばれ、血中コレステロールを下げる効果が期待できます。そのほかにも豊富な栄養成分がふくまれているのですが、中でもセサミンは特に有名な成分です。セサミンとはゴマに含まれるゴマグナリンを構成する成分の一種で、ほかにセサモリン、セサミノール、セサミノール配糖体があります。セサミンは特に肝臓に対してよい働きがあり、肝機能を高めてくれると言われています。人の身体が老化するというのは、身体の中で活性酸素が多くなり、これを処理しきれなくなることで起こります。活性酸素というものは実はその多くが肝臓から作り出されており、肝臓には多くの活性酸素が潜んでいるということになります。セサミンの最大の特徴は、肝臓に届いてから抗酸化物質に変化するということで、確実に肝臓内にある活性酸素を処理してくれるのです。このことが、肝機能の向上に繋がるというわけです。セサミンはゴマに多く含まれているとは言っても、一粒に含まれている量は健康効果を期待するには少ないです。健康効果を期待するのであれば、サプリメントなどから効率的に摂取することがおすすめです。